鴇ヶ谷のシダレ桜

とがたにのしだれざくら

天領の村役人屋敷にあった大木

緑深い谷間にある伊野原神社の向かいに、鴇ヶ谷(とがたに)のしだれ桜が高々とそびえています。樹高18m、幹周235cm、推定樹齢300~400年という見事なもので、根元には3本のイチイの幹が1つに合わさった根回り3mの大株がどっしりとたたずんでいます。

江戸時代、鴇ヶ谷村は徳川幕府直轄の天領で、牛首村(現白峰)の大庄屋山岸家の下の村役人であった山内忠兵衛が造成した屋敷にあった木とされています。

基本情報

住所
石川県白山市鴇ケ谷
アクセス:お車で
白山ICから国道157号線を南へ70分
アクセス:公共交通機関で
加賀白山バス白峰・白山線バス乗車、深瀬停留所下車
電話番号
076-255-5310
電話番号備考
白山市観光情報センター「吉野工芸の里」
その他リンク先
白山市/シダレ桜、イチイノ木
備考
私有地の中にあり分かりにくい場所のため、事前にお問合せください。

MAP

このスポット周辺で食べられるグルメ

ハーブの里・響きの森 ミントレイノ
詳細はこちら
ページトップへ