白山詣双六(しらやまもうですごろく) モニターウォークツアー

更新日:2014/02/26

石川県立歴史博物館の「大鋸コレクション」に中に、
江戸末期に刷られた絵双六
「新版手擲清水参(てたたきしみずまいり)並白山詣双六」があります。
ふりだしは「卯辰西養寺」、上りが「白山」になっており、
金沢から白山までの24ヶ所が描かれています。

このたび「加賀藩と霊峰白山」連携事業の
初ツアーとして行う「白山詣双六モニターウォークツアー」は、
かつて楽しまれた双六の雰囲気を現代でも楽しめるよう、
新たにアレンジしたプログラムです。

金沢市東山2丁目の西養寺を出発し、
ひがし茶屋街、寺町寺院群、にし茶屋街などを回り、
昼食に「白山百膳弁当」を食べて、北陸鉄道石川線で白山市へ 。
手たたき清水、鶴来の町並みなどを巡り、白山比咩神社がゴールです。
途中の菓子店でサイコロをふり、出た目に応じたお土産を受け取ります。
上りの白山さんでも縁起物を受け取り、自分だけの「開運土産」の完成です!


モニターウォークツアー参加者募集中。
開催日/3月30日(日)午前9時~午後4時
集合場所/西養寺(金沢市東山2-11-35)
内容/徒歩約5.5km、白山比咩神社等参拝、バス・電車による移動あり
定員/中学生以上20人(申し込み多数の場合抽選)
参加料金/2,000円(行程中のバス・電車代、昼食、開運土産代、保険料等)
申込方法/はがきに申込者全員(1枚に5人以内)の住所、氏名、生年月日、性別、
       自宅電話番号、携帯電話番号を明記
申込締切/3月10日(月)必着
申込み先/〒920-0917 金沢市下堤町30 JTB中部金沢支店内
       白山詣双六モニターウォークツアー事務局 宛
問合せ/(一社)白山市観光連盟 TEL076-259-5893


添付ファイル

白山詣双六チラシ