「こびとづかんの町つるぎ」始動!

更新日:2018/03/09

つるぎ(石川県白山市鶴来地区)は、ベストセラー絵本「こびとづかん」シリーズの作者・こびと研究家のなばたとしたか氏が育ち、コビトを初めて発見した場所です。
3月3日、「こびとづかんの町つるぎ」を宣言する式典がパーク獅子吼で開催されました。これからドンドン、楽しい企画やイベントで盛り上がっていきますよ!

現在開催中なのは「こびとスタンプラリー」です。
コビトに出会える商店や観光スポットを掲載したスタンプラリー付きの地図「こびとMAP」を、パーク獅子吼ふれあい館と白山市観光連盟で配布しています。
スタンプを3つ以上集めたら、観光連盟窓口にお持ちください。オリジナルポストカードをプレゼントいたします。

パーク獅子吼ふれあい館には、関連書籍やぬいぐるみを集めた「こびとルーム」を開設。
また、地域内の郵便局(鶴来、館畑、日御子)窓口で、コビト消印の押印も始まっています。

コビトにちなんだ和菓子などを販売しているお店もあります。 

顔出し看板も2ヶ所に設置中。
白山市役所鶴来支所前と、パーク獅子吼ふれあい館「7☆cafe」(ななほしカフェ)前です。

「こびとづかんの町つるぎ」を、のんびりお楽しみください。