食品のビッグデータ活用セミナー

更新日:2017/01/18

ビッグデータとは「事業の拡大に役立つ膨大なデータ」のことを指します。
近年、ビッグデータ活用の機会は身近になっており、この膨大なデータを管理、分析することが、市場競争力の差となっています。
今回、食品事業者の皆様を対象として、コストをかけずに自分で出来る「食品のビッグデータ活用」について、どなたにもわかりやすく「はじめの一歩」を合言葉にセミナーを開催します。
この機会にぜひご参加いただきますようお願いします。

日 時 : 平成29年1月24日(火) 午後2時 ~ 午後3時30分 

場 所 : 千代女の里俳句館(JR松任駅前)
       ※お車でお越しの方は、駅前立体駐車場が松任駅南広場の西側にあります。 
        (3時間無料です)

講 師 : 公益財団法人 流通経済研究所
        折 笠  俊 輔 氏(主任研究員)
         購買履歴データ分析、流通・マーケティング、地域ブランド等について、
         理論と現場の両方の視点から研究活動及びコンサルティングに従事

テーマ : コストをかけずに自分でできるビッグデータ活用について       

参加は無料ですが、お申し込みが必要です。
【問合せ・申込先】
(一社)白山市観光連盟
TEL:(076) 259-5893 FAX:(076) 259-6893


関連リンク

千代女の里俳句館