国道157号(白山市東二口地内)の通行規制基準の緩和について

更新日:2015/07/31

国道157号(白山市東二口地内)の斜面崩壊に伴い、7月15日~24日の時間帯通行止めを実施しておりましたが、斜面上の浮き石等の除去が予定通り進んだことから、8月1日(土)より下記の通り通行規制基準が緩和されます。


[8月1日以降の通行止め基準]
(1)3時間雨量(180分間の合計雨量)が50mmに達した場合
(2)連続雨量(降り始めからの合計雨量)が90mmに達した場合
(3)震度4以上の地震が起きた場合
(4)その他、現地に異常(若しくはその兆候)が見られた場合
※なお、通行規制の解除は、降雨終了後、道路管理者(県)が現地にて安全を確認したうえで行います。