サケの稚魚 飼育体験を自宅で!

更新日:2014/12/10

 手取川の河口域にある「石川県水産総合センター生産部美川事務所」では、遡上してきたメスのサケのから卵を取り出して受精させ、伏流水で満たされた水槽にその卵を入れてふ化させています。ふ化した稚魚を放流すると、多い年には約1万尾のサケが手取川に帰ってきます。
 手取川扇状地は、白山の伏流水を通じて、サケの生態にも深く関わっているのです。

県水産総合センター生産部美川事務所では、サケの卵を無償で配布しています。
・2ℓの空ペットボトルを持って美川事業所へ。
・美川事業所の地下水の入ったペットボトルに発眼卵2粒を入れ、説明書と一緒にお渡しします。
・そのまま自宅で飼育します。
・稚魚のお腹の袋が無くなったら放流の時期。家の近くの川や用水に放流しましょう。

配布期限:平成26年12月26日(金) 土・日曜もOK
ところ:県水産総合センター生産部美川事務所
     白山市湊町チ188番地4
電話:076-278-5888