プロモーションビデオ

平成29年白山開山1300年

日本三名山の一つに数えられる白山。
古代より人々が仰ぎ見る霊峰に、泰澄大師(たいちょうたいし)が初めて登ったのが、養老元年(西暦717年)のことでした。
それから白山は、神と仏が共存する修験(しゅげん)の場として栄えます。美濃・越前・加賀(岐阜県・福井県・石川県)のそれぞれに馬場(ばんば)と呼ばれる登拝の拠点ができ、そこからの登山道が「禅定道(ぜんじょうどう)」として整備され、修験者や御師(おし)たちによって、白山信仰は全国に広がりました。
加賀馬場の白山本宮は、明治以来、全国3千社の白山神社の総本宮・白山比咩(しらやまひめ)神社として崇敬を集めています。
このように、深い信仰の歴史を秘め、厳しくも美しい自然の中に私たちを迎えてくれる白山は、平成29年(2017年)、泰澄大師の開山から1300年の時を迎えます。

※映像の中には、許可なく立ち入りできない場所も含まれています。登山の際には、登山道以外の場所を歩かないようご注意ください。

白山市「感得の旅」

テーマは、「感得の旅」への誘い。
霊峰白山を源とし、山、川、海にまで広がる白山市の魅力と、おもてなしの心、温かな人情との出逢いを通じて、この地を深く味わい、感じてもらう。そんな「感得の旅」をイメージさせる観光プロモーションビデオを制作しました。
一般社団法人白山市観光連盟公式YouTubeチャンネルで公開しています。