祭・イベント

絞り込み検索

開催月を指定

テーマを指定

エリアを指定

キーワード検索

松任中川一政記念美術館 2018後期テーマ展「中川一政 挿画の世界」

更新日:2018/12/03

椿

「石田三成」小説挿画①

「石田三成」小説挿画②


中川一政が冬から春先にかけて描いた画題に椿があります。アトリエの冬の庭先に咲く薮椿を好み、自ら愛用の壺に挿し、あるいは多彩な文筥や柿などと取り合わせて、油彩や岩彩など手法を替えて幾たびも描いています。本館では、こうした椿作品や季節の画題、また書を中心に公開します。
別館においては、中川一政が昭和初期から携わった連載小説の挿画に注目し、その代表作の一つ、「石田三成」(尾崎士郎著 昭和13年 都新聞夕刊連載)を特集します。
油絵の制作と変わらぬ情熱で日々取り組んだ挿画は、連載小説の人気を牽引すると共に、当時の日本の挿画の地位を高めることになりました。
小説家との気合を楽しみながら描いた一政の挿画の世界を紹介します。

access map
開催日
2018年12月4日(火)~2019年2月24日(日)(月曜及び年末年始休館)但し12/24、1/14、2/11(月・祝)開館、12/25、1/15、2/12休館
開催時間
9:00~17:00
住所
白山市旭町61-1
交通アクセス

【自家用車でお越しの場合】

白山ICから国道157号線を南へ10分

【レンタカーご利用の場合】

金沢駅から30分

【鉄道でお越しの場合】

JR松任駅

【バスご利用の場合】

北鉄松任駅停留所下車

【タクシーご利用の場合】

金沢駅から30分

備考
大人/200円(※)
高校生100円
中学生以下無料
※上記料金にて千代女の里俳句館、白山市立博物館も入場頂けます。
問い合わせ

松任中川一政記念美術館

TEL 076-275-7532

関連リンク

松任中川一政記念美術館